真の旅館というイメージが当てはまる湯の児の旅館

旅館も日本らしさを残しながら、どんどん変化をしているというの昨今です。そんな時代の変化の中で、いつまでも変わらない旅館の良さを守り続けているところがありました。この旅館は熊本の湯の児にあります。湯の児は水俣市などにもつながっているので、水俣にある温泉はほとんどが湯の児温泉になります。こちらの湯の児の旅館も、もちろん湯の児温泉に含まれています。この旅館は木のぬくもり、畳の温かさなど、旅館の本来もっている姿を今でも、色濃く残しています。こちらの湯の児の旅館の名前は「平野屋旅館」といいます。

chobo kyarote

海のすぐ近くにある素敵な旅館です。部屋は和風の部屋になっていて、部屋からは海を眺めることができます。なにか特別なことをしているわけではありませんが、部屋の縁側に置かれている机と椅子のところにいるだけで、どこか懐かしい気持ちになってしまいます。このような空間があると時間が経つのも忘れて、海を眺めてしまいます。特に美しいのは夕方の時間帯です。夕日が海に沈んでゆく瞬間はとてもロマンティックです。夕日に照らされた空の色がどんどん変わってゆき、最終的には暗闇に包まれていく、そんな移り変わりをただ眺めていたい、そんな気持ちにさせてくれるような素敵な旅館です。時に変化をもたらさないことは勇気が必要ですが、そんな勇気を持っている旅館の一つです。

http://www.yadoran.jp/

最新記事

  • 旅館も日本らしさを残しながら、どんどん変化をしているというの昨今です。そんな時代の変化の中で、いつまでも変わらない旅館の良さを守り続けているところがありました。この旅館は熊本の湯の児にあります。湯の児は水俣市などにもつな …

    真の旅館というイメージが当てはまる湯の児の旅館

  • 日本のベスト100というのは、いろいろな分野でランキングが出されています。このランキングは温泉バージョンもあります。この日本の名湯100に選ばれている温泉が、熊本の水俣にありましたので、ご紹介したいと思います。この水俣の …

    まさに日本の名湯といえる水俣にある旅館の温泉

  • 旅館はホテルと違って、ゆっくりと時間が流れているような気になることがあります。その旅館のなかでも、いくらかの旅館は、さらにゆっくりと時間が流れている雰囲気を作ってくれています。そんな上質の時間をくれる旅館が人吉にありまし …

    上質な時間を過ごすのをサポートしてくれる人吉の旅館